【記入者】
木戸地美也子

 
【場所】
和歌山県御坊市

 
【地域の背景】
『お店がぬりえを配布して、子どもたちが塗り、持ってきたらお菓子と交換』という光景をよく見かけます。

 
【提案】
歩コミは『そのイラストを絵に興味がある人が作ってはどうか?』という提案を地域のスーパーにさせてもらいました。

 
【理由】
・田舎のアウトプットの場が少ない部分を少しでも解消したい。
・相乗効果を期待したい。
・話題づくり
・絵を書く人の経験になる。

 
【結果】
現在、地域のスーパーのぬりえのデザインを【歩コミ】が担当させてもらっています。

 
【プライスカット×歩コミ】
プライスカットさんでは、小学3年生までが対象で、ぬりえを完成させるとお菓子がもらえます。
ぬりえはシーズンごとにあり、クリスマス、ハロウィン、七夕、こいのぼり、雛人形などがあります。

 
【発展の期待】
・ローカルぬりえアーティストが誕生するかも?
・毎年、違うぬりえが塗れて、楽しみにしてもらえるかも? 
・クリエイティブな町になるかな? 
・クオリティがあがっていくかも?
・双方の宣伝効果がでてくるかも?
・広告になるかも?
・歩コミと企業がコラボしだすとママ目線の企画が増るかも?

 
【継続】
★ぬりえのデザインを引き続き【歩コミ】が担当させてもらうコトになっています。

 
【描く人を募集】
誰かに頼まれて絵を書いたことがある人やイラストレーターを目指してる人!
一緒に企画してみませんか?

 
【依頼者を募集】
イベント、事業の企画に「ぬりえ」を取り入れてみませんか?