繋がり続けるスタイル

歩コミは結局、組織にはなりませんでした。事務局も役員もできませんでした。でも個人名だと、通れない場面があるので、活動しやすくなりました。もちろん、ありがたいことに、助けてくれる方はいて、今も支えてくれています。相談もさせてもらいます。何かしようと思えば、多分すぐに誰かが集まれる関係です。みんなゆるーく繋がっています。会社ではないし、雇われてもいないし、契約も交わさないし、入会もなければ、退会もないです。なにげない会話で「ゆるーく」繋がるだけで何でもができる可能性が広がっています。この「ゆるーく」って一見簡単そうに聞こえますが、一回やってみてください(笑)このスタイルは誰でもできそうで、できないと思ってます。(偉そうにごめんね。)

自分や他人の流動的な感情を縛ることはできません。仕事だと固めないといけない時もあるけれど、歩コミは流れに身を任せてきました。

歩コミの流動的なものとは

「なぜするのか?」の理由

「一年後にはこうなっていて」のビジョン

「なんのために」の目的

「どうやって」の方法

「いつまでに」の期間

「だれと」の関わる人

「拠点は?」の場所 なども含まれるのかな?と思います。

変わっていくことが自然だから。あんまり、細かく固定したり、言い切ったりはできないなぁーっと思っています。変わっていくのを、面白しろがっています。だから変化が苦手な方や、臨機応変な対応が苦手な方、仕事をしたい方、実績を作りたい方はしんどい環境と思います。

歩コミは出会い、繋がる場所です。

衝動的で自由な行動をする私でも、最終のイメージは割とちゃんとあります。「自分の行動」と「妄想」は私の自由だから。イメージに向かって割と真面目に進みます。進んでいると道が色々わかれているし、色んな人と出会うし、寄り道をしますが、私の場合、最終ひとつの道に合流します。そこのイメージはブレていません。多分!歩コミを通して、それぞれの「人生」を共有するコトや会話、居場所をつくりたいと思いました。だから私の考えを(歩コミ)を理解してる人は本音トークができるのかなって思っています。

幸せな人生の秘訣とは、変化を喜んで受け入れること【ジェームズ・スチュワート】

歩コミをきっかけに、私とあなたが出会えたらそれでいい~、繋がることができたらなお嬉しい!