誰のためにしていたのか?

【コンソーシアムシリーズの前書き】古民家コミュニティを始めてから、私があえて避けてきた社会と向き合う事を選びました。ここを避けては、何もできないことが、わかりました(笑)私の経験不足で何度も、頭を打つことになりました。(頭を打つことが分かっていたので逃げていたのかも。。。)会社の中で働いたことのない私は、コンソーシアムの講座を企画するにあたって、大恥をどんどんかいていくことになります(痛)苦手な上下社会、行き届かない気配り、間の悪さ、段取り不足、知らない手順、経験のない会社的対応、下手な敬語、足らない感謝、低いコミュニケーション力、慣れないマナー、愛想笑い、場違いな格好。それでも、その世界に、前向きに向かっていきました。あの頃は、がむしゃらにその場と向き合いました。30歳でしたが、20歳のインターン生みたいに。迷惑がかかってしまうと分かりながらも、わからない事を知るために、経験しないと納得できないことのために私にとってイバラの道に進みました。

当時は、失敗よりも、知らない事の方がイヤに思いました。子どもと、夫と、自分と向き合うためにも、自分が成長し続けないといけないことを理解しました。子どもは天性でどんどん成長しています。夫も自分のやりたいコト×家族を養うコトを懸命に勤めています。私もこの家族の一員として、家族のために成長することが自分のためになることに意味を持ち、バカにされても、孤独だっても、理解してもらえなくても、叱責されても、あきれられても「ありがとうございました」「ごめんなさい」と頭を下げることを選んでこれました。このコンソーシアムの3年間の経験が後に私の価値観や思考、親子関係を育ててくれました。

コンソーシアムに関わってくれたみなさまへ

たくさんの失敗本当に、本当に、ごめんなさい。すべてが初挑戦でした。今思えば、なんと、まあ。。。と顔を隠したくなる気持ちです。でも、コンソーシアムからの出会いはいまだに影響があり、私の人生を豊かにし続けています。一緒に運営してくてたみんな!相談に乗ってくれたみんな!参加してくれたみんな!感謝してます!!!!!

 

コンソーシアムを主催してくれた和歌山教育高等機関のみなさまへ

ラストの発表会が流れて、感謝を伝えれずにいました。コンソーシアムのプログラムによって私たちは成長する機会に恵まれ、たくさんの学びがありました。コンソーシアムで失敗させてもらったからこそ、理解する言葉、場面が往々にしてあり、今もまだ、学び続けています。本当にチャンスをくれてありがとうございました。素晴らしい取り組みだったと実感しています。ありがとうございました。