実はあったNEWS NO TAKIの3つ仕掛け

 古民家でサークル活動をしていた時、ママたちと情報を共有する媒体を考えて、一番手軽で、お金の掛からない方法、LINEグループを思いつくのに時間はいりませんでした。300人。欲を言って、500人をイメージして、発展に幅を利かすために、ルールを最小限にしました。300人までは簡単な実験的な仕掛けが3つありました。

【一つ目】みんなの情報発信の場にする!です。30人の活動人を集めて、その活動人のファン10人が入ってくれれば、300人になると単純におもいました。300人になると、自然と人数は増えるとイメージができました。

【二つ目】地域の役立つネタを誰でもアップできる空気を作る!です。例えば、「あそこのスーパーで卵98円だって~」「この赤ちゃんのための柵もらってくれませんかー?」「あそこで餅まきやって」など、知って損のないネタをアップしていきました。SNS口コミをイメージしました。

【三つ目】退会オッケイを先に言う。出口の見えない事に誘われるのは、入る時に悩む原因になるので、試しに一週間入ってみて、覗いてみて、と気軽に参加できるようにしました。参加すると友達が入ってたりするので、楽しんでもらえるって確信がありました。

この3つを同時進行で行いました。そこに紛れて古民家の活動(現在は歩コミ)を発信、共有しようと思いました。

LINEグループのいいところは紹介制

友達がいるので、悪い事はしません。逆にいい事を発信してくれました。みんなゆるーく繋がり、いい事を共有していきました。友達、知り合いが閲覧する場は平和でした。本当にルールはいりませんでした。私のイメージではNEWS NO TAKIは地域で個人が発信する一つのチャンネルになり、テレビのニュースを話すかのように、ママたちの会話の一部になっていく!地域のメディアのイメージがその通りになっていきました。

ニュースのネタは、ピザハットのワゴンがドラッグストアにあるよ~・これいりませんか?・猫飼ってくれませんか?・花火大会あるよ~・イベントするよ~・などなど、「あの人の投稿は面白いよね」「あの人は何してる人なんやろう?」「最近あの人頑張ってるよねー」「あのひと何者?」みたいにNEWS NO TAKIが自然に話のネタになっていきました。

振り返れば、200人~300人くらいのときが一番みんなが発信しやすく、充実していたと思います。

オープンチャットにしてから、この関係はなくなりました。(泣)

歩コミは進化し続けるよー。